TOP

みくと ひろせ 宝物 ロバ耳 旅行 読書 PC 西宮 うさぎ
日記や更新記録など 1人目育児日記(写真満載 2人目育児日記(写真満載) 家電・インテリア 大きな声では言えません。 バリ・PL花火・南紀・四国 読書感想 パソコン知識 公園紹介など あずきの成長日記 マイホーム新築日記

あずきの死

そんなある日のことでした。餌をあげるときは必ずドアのところまであがってくるあずきが来ないのです。1階をのぞいても動く気配がしない…。半泣き状態で主人に言いに行くと、主人はすばやく小屋の上のダンボールをどけ、小屋の上部をとりはずしました。

あずきは横たわって動かなかった。

逝ってしまっていた。

なんで死んでしまったのかはわかりません。冬の寒い時期でした。寒かったのかもしれません。餌をきらしていて、ニンジンや野菜ばかりをあげていました。栄養が足りなかったのかもしれません。病気だったのかもしれません。でも気付かなかったんです。

愛情が足りなかったのかもしれません。

あずきは飼いはじめてから7年たっていました。寿命だったのかもしれません。でも、いつも元気でした。病気らしい病気はしたことがありませんでした。いつもあずきの目は澄んでいて、健康そのものでした。あずきの年をかぞえたのは、あずきが亡くなってからでした。もういつ死んでしまっても寿命だといえる年だったのです。

なんでもきれいにとれるスポンジを見つけたから、これで小屋を徹底的に掃除して部屋にいれてみようかな。

みくとはだいぶん歩くようになったから、春になったら公園に連れて行って一緒に遊ばそう。

そんなことを思っている矢先のことでした。
それなのに、あずきはこの冬を越す事はありませんでした。


あずきは幸せだっただろうか?

私はたくさんの幸せをもらったのに、あずきは?

いつ死んじゃっても後悔しないようにもっとかわいがっていればよかった。

こんなことばかりが頭の中をぐるぐるまわっています。

ごめんね、あずき。
7年間一緒にいてくれてありがとう。
本当にありがとう。
大好きだよ、あずき。

Copyright(C)2001 ようち    メールはここから。     
このページはリンクフリーですが、BBSやメールでお知らせ頂けると小踊りして喜ぶと思います。