TOP

みくと ひろせ 宝物 ロバ耳 旅行 読書 PC 西宮 うさぎ
日記や更新記録など 1人目育児日記(写真満載 2人目育児日記(写真満載) 家電・インテリア 大きな声では言えません。 バリ・PL花火・南紀・四国 読書感想 パソコン知識 公園紹介など あずきの成長日記 マイホーム新築日記

読書記録

*01 性格のバイブル
怖いほどによく当たる。これは一回やってみる価値あります〜。
 投稿:Eさん夫妻の場合

*02 村上祥子のふんわりパン
簡単です。写真みてるだけでも幸せになれます。

*03 ワンルーム養殖場の作り方NEW!
夫婦そろって大爆笑です。

まだまだ続く予定…

読書トップへ


(2)村上祥子のふんわりパン

永岡書店 880円

実家にあったパンの作り方の本。
写真がかわいくて、なんとなく簡単そうだったので、
思わず作ってしまった。

パンというと発酵だとか、温度がどうとか、むずかしそうだけど、この本でみる限りではとても簡単そうだった。発酵は電子レンジで30秒という感じで、「え?そんなものなの?」と思った。母いわく、本格的にやるともっとややこしいそうな…。

そして、幸いにも、実家には、強力粉や、ドライイーストがあり、しかも、以前パン作りの教室に通っていた母は一通りの道具を持っていた。

というわけで、なにも買いに行かなくても作れるというのがわかり、カレーライスを作る母の横で、邪魔しないように作ることにした。

自然発酵の時間などがあって、時間は思ったよりかかった。2時間くらいかな?でも慣れてくれば合間に用事ができたりするんだろうと思う。

それにしても簡単だった〜。しかも、焼きたてのパンっていうのはなんでこんなにおいしい〜んだろう!

最初につくったのは、全てのレシピの基本となるプチパン。こげるのを防ぐために最後に強力粉をふったので白くなっている。(注:決して粉砂糖をふったシュークリームではない)。あんまりおいしそうに見えないけど、これがおいしいのだ!

つぎに、食パンをつくろうとおもったけど、金属の型をいれるとエラーになってしまうレンジだったので、結局型から出して焼いた。こちらもおいしく焼けた。

2回も作るなよ〜という感じだったけど、楽しかった。

うちは朝はパン食なので、こんなに簡単なのだったら、焼いてもよいな〜と思った。おいしいからよけい…。パン屋さんの食パンはおいしいけど高いし、かといって、そのへんで売ってるパンは添加物が入ってるとかいうし、いっそのことホームベーカリーを買っちゃおうかと思うぐらいだ。

というわけで、本の紹介のはずなのに何がいいたいのかというと、めんどくさがりの私に「パンを焼こう」と思わせたこの本は偉大だということなのだった…。

気分転換になることと、なにより自分で作った焼きたてのパンを食べるときの幸福感をあなたにも(笑)。パン好きでオーブンレンジを持ってるお暇な人はぜひ。

 

2003年9月17日

Copyright(C)2001 ようち    メールはここから。     
このページはリンクフリーですが、BBSやメールでお知らせ頂けると小踊りして喜ぶと思います。